非変性2型コラーゲンサプリはビタミンCで効果アップ?

非変性2型コラーゲンのサプリを飲んでいるけど、もっと効果を上げるコツってないの?

 

グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂ると効果がアップするように、非変性2型コラーゲンのサポート的な役割をするる栄養素があれば、ぜひ一緒に摂取しておきたいですよね。

 

そんなときに押さえておきたいのが、「ビタミンC」です。

 

「ビタミンCはお肌に良い」というのは聞いたことがありますよね?

 

それはなぜかというと、お肌のハリをつくる「コラーゲン」と深く関与しているからです。

 

コラーゲンは加齢によってその量が減少したり、変性したりしていきます。また日焼けをしたり紫外線を浴びることでもどんどん減少します。それを食い止める役割を果たしてくれるのが体内にあるビタミンCなんです。

 

ビタミンCはコラーゲン合成を助ける優秀サポーター

コラーゲンを合成するには、「ヒドロキシプロリン」というアミノ酸が作り出される必要があるのですが、これを作り出すには体内に充分なビタミンCが無いとできません。

 

このヒドロキシプロリンは、コラーゲンにとって重要な「繊維組織」を作り出す素であり、これが不足してしまうとボロボロで不安定なコラーゲンができあがってしまうんだとか。

 

弱いコラーゲンの場合、たとえば血管が壊れやすくなって、すぐに出血してしまう「壊血病」を引き起こすことも。

 

さらに、ビタミンCは痛みを抑えるステロイドホルモンの分泌も促してくれるので、膝や腰などの関節痛に悩まされている人にはピッタリの栄養素なんですよね!

 

コラーゲンの1種である2型コラーゲンの働きにも、きっとビタミンCは多いにサポートしてくれるから、毎日食事の中でビタミンCを摂取しやすいメニューを心掛けると良いです。

 

ビタミンCの1日当たりの必要量は?

厚生労働省では、ビタミンCの1日あたりの必要目安量を18歳以上で100mgとしています。

 

ビタミンCが多く含まれている食品というと・・・

  • アセロラ
  • イチゴ
  • キウイ
  • レモン
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • カボチャ   など

 

普段の食事でフルーツや濃い色の野菜を食べることでビタミンCを充分に摂取していきましょう。

 

非変性2型コラーゲンを摂取するときに必ずビタミンCが必要というわけではなく、体内に充分なビタミンC量が足りていれば問題ありません。

 

体内で丈夫なコラーゲンが作られるように、普段から意識して食事内容を気をつけていきましょう。

 

 

 


国産の非変性2型コラーゲンサプリメント特集へ