非変性2型コラーゲンとはどんな成分?

コラーゲンのカプセル

コラーゲンはタンパク質の一種で、人間の体内にあるタンパク質の約30%がコラーゲンと考えられています。

 

コラーゲンは約20種類以上あると言われていて、その分布している場所や働きはさまざまです。

 

発見された順番によって、T型、U型、V型・・・と名前が付いていて、網目状の構造をしていたり、繊維状の構造をしていたりと役割に応じて形を変えています。

 

最も有名なコラーゲンはT型で、皮膚や靱帯、骨などに分布していて、女性の化粧品や美容サプリなどに含まれているコラーゲンがこれにあたります。

 

当サイトでご紹介しているU型コラーゲンは、主に関節、特に軟骨の主成分として分布しているのが特徴です。

 

非変性とはどういう意味?

サプリメントのカプセル

非変性は「体内にあるときの性質と変化していない」という意味で、「天然」や「活性型」とも呼ばれています。だから、体内に存在しているコラーゲンはT型でもU型でもすべて非変性ということになります。

 

しかし、化粧品やサプリなど製品化されたコラーゲンは、抽出された後の加熱処理や化学薬品処理などによって分子構造が変わってしまった「変性」のコラーゲンがほとんどです。

 

「変性」しているものは、体内にあるコラーゲンと性質が異なるので、関節炎や関節リウマチにはほとんど効果がないそうです。

 

非変性2型コラーゲンは生きている!?

外国人女性の肌

関節軟骨に多く分布している非変性2型コラーゲンは、タンパク質の糸をより合わせたようなトリプルヘックスと呼ばれる構造の特徴があります。

 

さらに、エピトープ(Epitopes)という抗原決定基があることから、体内に存在したときに非変性2型コラーゲン特有の働きを発揮することができます。

 

このエピトープは変性した2型コラーゲンにはついていないため、変性したものをサプリメントとして摂取しても単なる栄養素としてしか意味を成さないようです。

 

しっかり実感できる効果を求めるなら、2型コラーゲンは非変性のサプリメントを摂取することが大切です。

 

何から抽出されるの?非変性2型コラーゲンの原料とは

ニワトリと鮭
アメリカで研究された非変性2型コラーゲンは、「鶏の胸部軟骨」から特有の性質を壊さずに抽出されたものが有名です。

 

日本国内でもコラーゲン大手メーカーのニッピコラーゲンが、国内の契約農家で育てた鶏の剣状軟骨から抽出した非変性2型コラーゲンを使用してサプリメントを販売しています。

 

他には、「鮭の鼻軟骨」から抽出した非変性2型コラーゲンなどもあります。

 

 

 


国産の非変性2型コラーゲンサプリメント特集へ