非変性2型コラーゲンの関節リウマチへの効果は・・・

非変性2型コラーゲンは関節リウマチをもとから治す!?

膝の痛みがある男性

関節炎の原因として多いのが、関節リウマチです。

 

原因不明の進行性疾患で、安静にしていても関節に痛みがでるようになり、筋肉の萎縮や関節拘縮、体重減少など全身症状に悩まされるケースが多くあります。

 

もしかしたら、あなたも関節リウマチでお悩みかもしれませんね?

 

そんなあなたに、関節リウマチの根本治療にもつながると注目されている「非変性2型コラーゲン」の効果をご紹介します。

 

え!?免疫細胞の標的は体内の非変性2型コラーゲン・・・

免疫細胞

関節リウマチは、本来は自分の身体を守る役割の「免疫細胞」が、自分自身の細胞を攻撃し始めることで起こる「自己免疫疾患」です。

 

ウイルス感染などをきっかけとして活発に働き出した免疫細胞が、なぜか関節を包む組織である滑膜を攻撃し始めて炎症を起こし、最終的には関節軟骨まで破壊してしまいます。

 

この理由として、免疫細胞が攻撃する標的が、実は、滑膜や関節軟骨にある非変性2型コラーゲンであるからと考えられています。

 

あえて非変性2型コラーゲンを経口摂取することで驚きの効果!

サプリメントを水で飲む女性

免疫細胞が非変性2型コラーゲンを攻撃し、軟骨まで破壊してしまう関節リウマチに対して、非変性2型コラーゲンをあえて口から摂取することで免疫細胞の攻撃を抑えて正常に戻す方法が注目を集めています。

 

経口免疫寛容というカラダの仕組みをご存じですか?

 

口から入ってくる栄養素は異物として見なさず、免疫機能によって排除しない」という食物から栄養素を吸収するための人間本来の仕組みです。

 

この仕組みを利用して非変性2型コラーゲンを口から摂取することで、体内に「非変性2型コラーゲンは異物ではない」という情報が伝わり、関節リウマチを進行させていた免疫細胞の攻撃がおさまると考えられています。

 

非変性2型コラーゲンを90日飲んで10名中6名が改善!

ハイタッチする高齢女性

関節リウマチと非変性2型コラーゲンの効果に関する研究は多く行われています。

 

非変性2型コラーゲンの効果が注目された有名な臨床試験に、ハーバード大学医学部が行ったものがあります。

関節リウマ患者10名に非変性2型コラーゲンを90日間経口投与

10名中6名で症状の著明な改善があり、そのうち1名は完治。

 

発症早期の関節リウマチ患者10名に90日間経口投与

10名中8名に著明な症状の改善があり、特に関節症状に高い効果があった。

このように、関節リウマチによる関節の痛みや腫れに対する非変性2型コラーゲンの驚きの効果が、世界中で注目されているんです。

 

 

 


国産の非変性2型コラーゲンサプリメント特集へ

 

関節リウマチと非変性2型コラーゲンの効果について

関節リウマチは、関節痛と関節の腫れを主症状とする原因不明の進行性疾患です。最初は、手指や足指などの小さい関節や、肘や膝関節を中心に痛みと腫脹が感じられるようになります。徐々に進行することで、全身の関節が破壊され関節の機能を維持できなくなります。関節の周りを覆っている滑膜が炎症を起こすことから始まり、その炎症が軽快と憎悪を繰り返していきます。関節軟骨や骨の破壊が進行し、関節変形や動きが悪くなるなどの障害が出ます。20歳〜50歳代の女性に多く、日本国内の有病率は0.5%。これに対して、非変性2型コラーゲンによる改善効果が期待されています。経口免疫寛容を利用した経口摂取で、関節リウマチを進行させていた免疫機能が正常に近づき、関節軟骨の破壊が抑まると報告されています。非変性2型コラーゲンは、単に痛みを取るだけでなく、リウマチの治療としても注目を集める理想的な栄養素なんです。

※現在、お薬を服用されている方は、かかりつけの医師に確認してから服用されることをお勧めします。