コラーゲンを食べて本当に効果があるの?経口摂取のしくみ

コスメ商品や健康食品でよく見かけるフレーズに「コラーゲンでお肌ぷるぷる」「ふしぶしの痛みに飲むコラーゲンドリンク」などがありますよね。

 

2型コラーゲンやT型コラーゲンを食べたり飲んだりすると、肌や関節に直接の効果をもたらしてくれるのでは?と感じます。

 

しかし、コラーゲンに関する本のなかには、「コラーゲンを食べても期待される効果はない」と書かれているものもあります。

 

その理由は、コラーゲンを食べても消化管内で最終的にはアミノ酸に分解されるため、ただの栄養素に過ぎないという考えです。

 

どちらが本当なのでしょうか?コラーゲンって食べたり飲んだりすることで本当に効果があるのでしょうか?

 

調べてみると、最近ではコラーゲンを経口摂取することで、関節や肌に対する効果があるとする研究報告が増えているようです。

 

コラーゲンを食べる効果は2通りあるらしい

オリゴペプチドの作用

上記のように、コラーゲンを口から食べると消化管の中でアミノ酸に分解されてしまいますが、すべてアミノ酸まで分解されるのではなく、アミノ酸が複数個結合してできた「オリゴペプチド」という形式で身体に取り込まれるそうです。

 

オリゴペプチドにはさまざまな種類があって、それぞれに特殊な生理活性を持っていますが、特にコラーゲンを経口摂取したときにプロリルヒドロキシプロリン(PO)というペプチドが大量に出現するようです。

 

このPOというオリゴペプチドが、繊維芽細胞の増殖促進を促したり、関節軟骨の保護作用をもたらす活性があることがわかっています。繊維芽細胞とは、お肌のハリをつくり出してくれるコラーゲンの素のような存在ですよね。

 

そして、ここからがコラーゲンがお肌や関節に効果的とされる理由になるのですが、POペプチドは、コラーゲン以外の他のタンパク質を食べたり飲んだりしても、体内で生成されることがないそうなんです。

 

そのため、コラーゲンを食品やサプリメント、ドリンクなどから積極的に摂取することで、他のタンパク質にはない効果が得られると考えられてきています。

 

関節リウマチの経口免疫寛容(腸管免疫寛容)の作用

これは当サイトで紹介している非変性2型コラーゲンにのみ限定されると考えられている効果ですが、関節リウマチという自己免疫疾患への経口摂取効果です。

 

関節リウマチは、本来は自分の身を守るはずの免疫がなぜか自分の組織である関節軟骨を攻撃してしまい、関節炎や変形をもたらす疾患です。

 

関節リウマチの患者に対して、非変性2型コラーゲンを経口摂取すると、経口免疫寛容(腸管免疫寛容)という体内システムによって免疫反応が抑えられて、関節軟骨の破壊を抑制する効果があると考えられています。

 

コラーゲンを食べて本当に効果があるの?について

コラーゲンの経口摂取効果は、まだまだ研究段階であり充分な証明が成されたとは言えない状況です。しかし、最近の研究報告でも有効性を示す結果が多く報告されているのは事実であり、以前のように「コラーゲンは食べても効果なし!」とハッキリ断言するのは古いと考えた方が良いのかもしれませんね。特に関節リウマチや変形性膝関節症などの関節炎、関節痛に対する効果は多く報告されています。研究結果が、「肌の調子が良い」や「関節の痛みが減った」など主観的な感想によるものが多いことで科学的な証拠が少ないというのが今後の研究課題のようです。