変形性膝関節症が改善!?非変性2型コラーゲンの効果とは・・・

変形性膝関節症の女性

変形性膝関節症は、膝に痛みや腫れが出て、歩行などの全般的な動作が困難になる病気です。

 

特に、O脚に膝が変形しやすく、膝関節の内側から中心部にかけての痛みが出るケースが多くあります。

 

もしかしたら、あなたも変形性膝関節症の症状にお悩みではないですか?

 

まずは、変形性膝関節症の可能性があるかどうか、次のチェックリストで確認してみてください!

 

こんな症状は要注意!変形性膝関節症チェックリスト

  • 膝が痛くて正座ができない
  •  

  • 膝が完全に伸ばせない
  •  

  • 膝が腫れてぶよぶよしている
  •  

  • 膝を曲げ伸ばしするとゴキゴキと音がするときがある
  •  

  • 立ったときにO脚またはX脚が目立つようになった
  •  

  • 急に立ち上がったり、階段を上るときに膝が痛む
  •  

  • 歩いていて急に膝の力が抜けるような感覚がある
  •  

  • 重いものを持って歩いたり、長時間歩くと膝が痛む

あなたの症状に、当てはまるものはありますか?

 

もし2つ以上チェックが当てはまる場合は、膝関節の変形が進行している可能性があるので注意が必要です。

 

変形性膝関節症の原因は軟骨にあり!

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、クッションの役割を持つ関節軟骨がすり減ってしまうことで起こります。

 

歩いたり立ったりするときに、骨同士でギシギシと摩擦が起きたり、破壊された小さな軟骨片が関節内で刺激物となり炎症を引き起こし、関節に水が溜まったり、腫れや強い痛みを伴います。

 

軟骨がすり減る原因には加齢や肥満、軟骨の再生速度の遅延が考えられていて、軟骨がすり減ることで関節のバランスが崩れて、膝の変形が進行し、多くは著明なO脚変形となります。

 

関節軟骨の再生を促せる非変性2型コラーゲンの力!!

ジョギングする高齢夫婦

関節軟骨は、タンパク質分解酵素の働きにより分解され、また再生することで常に代謝を繰り返して強さを維持しています。

 

しかし、加齢によりその再生スピードが落ちてしまうと、破壊のみが進行し、関節軟骨のすり減りが起こるようになります。

 

ここで登場するのが、非変性2型コラーゲンの軟骨再生パワーです!!

 

カプセル

 

非変性2型コラーゲンには、軟骨を破壊させるタンパク質分解酵素の分泌や働きを抑制する効果があると考えられていて、非変性2型コラーゲンを積極的に摂取することで軟骨の破壊を遅らせ、結果的には再生を促せるという効果が注目されています。

 

さらに、トップページでもご紹介したように、非変性2型コラーゲンは関節軟骨の主成分であり、グルコサミンやコンドロイチンよりも関節軟骨の構成に大きく関わっているので、今までのサプリメントで満足できなかった方も、その効果の違いが実感できるのではないでしょうか。

 

 

 


国産の非変性2型コラーゲンサプリメント特集へ

 

変形性膝関節症に対する非変性2型コラーゲンの効果について

変形性膝関節症の日本人の有病率は、40歳以上の男性では42.6%、女性では62.4%にもおよび国民病の一つとも言えます。膝の痛みは何をするにしても障害となって辛いですよね・・・。特に、歩きながら体重を掛けた瞬間に起こる膝関節の内側から中心部にかけての痛みにあなたも困っているのではないでしょうか?グルコサミンやコンドロイチンなど、CMでよく見かける膝関節痛に効くといわれるサプリメントも多く売られていますが、使用した人の感想を聞くと、結局のところあまり効果を感じられなかったという人が多いと思います。もしかしたらあなたも今まで多くのサプリメントに挑戦してこられたのかもしれませんね。そんなあなたに、ぜひ知ってもらいたいのが非変性2型コラーゲンの効果です!今までの成分と違うのは、変形性膝関節症の原因である関節軟骨の再生に関わっていること。軟骨の分解スピードを遅らせることで、加齢によって再生速度が遅れ始めた軟骨のサポートをしてくれます。さらに、「非変性」であることが重要です!非変性の2型コラーゲンは体内にある形状と同じであり、関節軟骨に届く前に他の栄養素に変わることがありません。本来の機能を果たせるサプリメントを選ぶなら、必ず非変性2型コラーゲンを選ぶようにしてください。当サイトでは、お試し価格で購入できる国産の非変性2型コラーゲンサプリメントのみをご紹介しています。ぜひ、この機会に膝関節への効果の違いを感じてみませんか?