非変性2型コラーゲンは五十肩にも効く?

五十肩の女性

 

「五十肩」とは、40〜60歳代で多くみられる肩関節の痛みや運動制限を主訴とする症状で、肩関節周囲炎とも呼ばれるものです。

 

肩甲骨の上あたりから痛みが徐々に出るようになり、寒いときや夜間に強く痛むのが特徴です。肩だけではなく、腕や手、頸部までも痛みが放散することもあります。

 

肩の関節運動はあらゆる方向で痛みのために動かせなくなり、女性の場合は頭の後ろに手が回せなくなる結髪動作ができなくなって生活に支障が出たりします。

 

原因は主に、関節包にある滑膜という部分の炎症が起こることで、滑膜腔と呼ばれるスペースが狭くなったり、癒着してしまうことで関節の動きが悪くなります。

 

非変性2型コラーゲンは五十肩には効果なし・・・

五十肩は慢性的に長期間痛みがある症状なので、関節痛に効果的な非変性2型コラーゲンのサプリメントを試したくなるかもしれませんね。

 

しかし、五十肩は関節軟骨のすり減りや変性から起こる症状ではなく、滑膜の炎症がメインの病気であるために残念ながら非変性2型コラーゲンはおそらく効果が薄いようです。

 

五十肩の有効な治療としては、鎮痛剤の服用や温熱療法、関節が拘縮したり筋力低下を防ぐための運動療法が有効とされています。

 

さらに、おおよその場合、1年〜1年半で自然治癒するとも言われているので、非変性2型コラーゲンのサプリメントをお試しになるよりも医療機関に通い、適切な治療と経過観察が必要になってくると思います。