膝の外傷による膝痛の特徴とは?

膝を痛めた男性

膝関節は、外傷(ケガ)をしやすい関節といわれています。

 

立ち上がりや歩行時に体重をかける荷重関節でありながら、構造が複雑であり、その安定性を靱帯のみに頼っているのが膝関節です。

 

とくに膝の外傷で多い疾患を中心に、原因と膝痛の特徴をご説明します。

 

半月板損傷

膝のスポーツ外傷の中でも頻度が最も多いとされるのが半月板損傷です。

 

半月板損傷による膝痛とは?

半月板損傷は、受傷した直後から痛みが出始めるため、膝を痛めたきっかけや動作を思い返すことができると思います。

 

多くはスポーツ中に受傷することが多いです。

 

痛みは、傷めた半月板側の関節裂隙(大腿骨と下腿骨の間にできる隙間)に痛みを感じ、広範囲に損傷している場合は出血を伴うこともあります。

 

典型的な痛みの症状としては階段を上り下りする際や、床にしゃがみこんだ瞬間など、膝を曲げたときに痛みが出現し、そのときに関節が何かに引っかかるような感覚やクリック感を感じることが多くあります。

 

膝裏をストレッチするような膝伸ばしができなくなり、正座するような膝を深く曲げる動作もできなくなります。

 

膝関節靱帯損傷

スポーツ中や交通事故などによって、膝関節の持つ通常の可動域を越えた動きを強制されることによって膝を支える靱帯を損傷することで起きます。

 

 

膝関節靱帯損傷の痛みの特徴とは?

膝の靱帯は、内側側副靱帯、外側側副靱帯、前十字靱帯、後十字靱帯があり、それぞれの付着部位や働きが異なるので、損傷した靱帯によって症状も異なります。

 

靱帯が切れた瞬間に「バシッ」という音が聞こえることがあり、関節がゆるく筋力が弱い女性に多いケガです。

 

それぞれ、痛みの特徴をご説明します。

 

内側側副靱帯損傷の痛み

内側側副靱帯損傷は、膝の靱帯損傷の中で最も頻度が高いもので、膝を外側に反らすように動かすと激痛を感じます。

 

外側側副靱帯損傷の痛み

比較的に稀な損傷ですが、O脚のように膝を広げた状態を過度に強制されることで受傷します。下腿を膝に対して内側に動かすと、膝の外側に強い痛みを感じたり、重症の場合は腓骨神経の損傷を伴うこともあります。

 

前十字靱帯損傷の痛み

特にジャンプの着地に失敗して膝をひねった時に受傷することが多くあり、バレーボールなどのスポーツで受傷します。

 

受傷直後に激しい痛みと関節内の出血を伴い、膝は軽く曲がり外に反った状態になってしまいます。そのまま放置してしまうと、急な膝折れが起きるようになったり、変形性膝関節症へ移行するケースがあるので注意が必要です。

 

後十字靱帯損傷の痛み

膝を直角に曲げた状態で、前方から後方に向かって強い外力を直接受けたときに受傷することが多いケガです。特に、追突による交通事故で運転席に座りながら、膝下を前方から強く打撲した際などに起こります。

 

受傷後は膝関節内の出血を伴い、膝下を後方に動揺させることで激痛を感じます。階段を上り下りするなど前後方向への膝の動揺が生じる運動でも痛みを感じます。

 

ジャンパー膝

バレーボールをする女性

膝を伸ばす動作を繰り返すことで、膝蓋腱や大腿四頭筋腱がオーバーユース状態となり、それらの微小断裂や石灰化が起きる症状です。バレーボールやバスケットボール選手に多いことからジャンパー膝と呼ばれるようになりました。

 

ジャンパー膝による痛みの特徴とは?

運動すると膝の前面(多くは膝蓋腱の部分)に痛みを感じたり、膝蓋骨を押すと圧痛を感じます。膝蓋骨の底部分に痛みを感じる場合は、大腿四頭筋腱炎である場合が考えられます。