DHCの「U型コラーゲン」サプリは効果があるの?

DHCのU型コラーゲンと極らくらくのパッケージ
DHCのU型コラーゲンサプリ、その効果って気になりますよね?

 

今や、グルコサミンやコンドロイチンと同じく注目されている「U型コラーゲン」。DHCからも「U型コラーゲン+プロテオグリカン」としてサプリメントが販売されています。DHCの新商品である「極らくらく」にも、U型コラーゲンがしっかり配合されていて、関節サプリの有効成分として人気なのがわかります。

 

もしかしたらあなたも、DHCのような有名メーカーの商品を購入したいとお考えかもしれませんね?

 

そこで重要なのが、「サプリメントに配合されているU型コラーゲンが、非変性であるかどうか」です。

 

DHCのU型コラーゲンは「非変性」ではありません…

サプリメントに配合されている2型コラーゲンには、「非変性」と「変性」の2種類があります。

 

「非変性」とは、わかりやすく言えば「体内にあるときと同じ状態」ということ。口から摂取したときに、身体に溶け込みやすく効果を発揮しやすいんです。

 

あるいは「パワーを失っていない成分」と言えば、あなたもイメージしていただきやすいかと思います。(参照:2型コラーゲンは非変性でないと効果がないとされる理由

 

2型コラーゲンは加熱処理などに弱く、特殊な抽出方法でないとパワーを維持した「非変性2型コラーゲン」がつくれません。つまり、「非変性」と書かれていない2型コラーゲンは、分子構造が壊れた「変性」状態だということです。

 

変性しているものは、関節にあるコラーゲンとは性質が異なってしまうので、変形性膝関節症や関節リウマチなどには「ほとんど効果がない」とさえ言われているんですよね…

 

そして、DHCの「U型コラーゲン+プロテオグリカン」には150rの2型コラーゲンが含まれていますが、こちらは残念ながら非変性ではないようです。「極らくらく」にも36rの2型コラーゲンが入っていますが、同様に非変性であるとは書かれていません。

 

もしあなたも、2型コラーゲンのサプリメントを飲んでみようとお考えであるなら、できれば「非変性」と明記されている商品を選ぶべきだと思います。

 

 

 


国産の非変性U型コラーゲンサプリメント特集へ