そもそも、コラーゲンとは何?

肌に手を当てる女性

なんだか美容に良さそうなコラーゲン。

 

フカヒレや豚足などに多く含まれていて、食べると美肌になるイメージは誰もが持っているのではないでしょうか?

 

もしかしたらあなたも、「食べないよりは食べた方が良い物」、「美容に良い物」という漠然としたイメージしかないかもしれませんね。

 

このページでは、コラーゲンについてもう少し詳しくご紹介していきます。

 

コラーゲンはたんぱく質のひとつ

たんぱく質というと人間の筋肉などをつくる大切な栄養素ですよね。

 

コラーゲンはそのたんぱく質の1種であり、全たんぱく質の約30%をも占めいています。たとえば、体重60kgのヒトの場合、体内のコラーゲンは約3.6kg分にもなるんですって。

 

そんなにも大量のコラーゲンが、身体の構成に関わってるとは意外ですよね?

 

美容に良い補助的な成分と思われがちなコラーゲンですが、実は身体にとって非常に重要な働きをしているんです。

 

コラーゲンは細胞をつなぐカラダの基礎

細胞

約60兆個の細胞でできている人間のカラダですが、その細胞をつなぎ合わせて整列させる細胞外マトリックスと呼ばれる働きをしているのが、コラーゲンです。

 

コラーゲンは皮膚、骨・軟骨、内臓、血管などあらゆる場所に存在していて、臓器や器官特有の形状を成り立たせています。

 

もしコラーゲンが劣化して細胞がバラバラになると、組織はつぶれてその役割を果たせなくなってしまうんです。

 

コラーゲンを食べても、体内のコラーゲンにはならない

「コラーゲンたっぷりの食材を食べれば、お肌のコラーゲン量もアップしてハリが出る」という考えは実は間違い・・・。

 

煮たり焼いたりして加工されたコラーゲンは、体内の関節や皮膚にある本来の形や性質とは異なったものに変わっています。

 

コラーゲンはとても熱に弱く、簡単に性質が変化してしまうんです。さらに、体内ではアミノ酸に分解されてから、さらにまた再合成されて身体に吸収されるので、食べた量のほとんどは単なる栄養素の一つになるだけです。

 

もし、関節や皮膚にコラーゲンの効果を発揮させたいなら、体内に存在するときと同じ形状、性質のものを摂取する必要があります。それが「非変性」とよばれる状態なのです。